米肌

サエルと米肌に違いはある?保湿効果が高いのはどっち?

仕事や家事、育児にと女性はやらなければいけないことがたくさんあって、なかなか自分に合う化粧品のことまでゆっくり考えられないですよね。

しかし、だからといって化粧品選びを適当にしてしまうと、効果がないどころか場合によっては逆効果になってしまうことも…

そこで、今回は口コミでも評判の化粧品「サエル」と「米肌」について調べてみました。

どのような成分効果を感じことができるのでしょうか?

サエルと米肌の効果の違い

サエルにも米肌にも潤い成分が配合されており、肌の乾燥する効果が期待できます。

しかし、同じ保湿効果がある化粧品でも、成分効果について詳しく調査してみると大きく違う点があることが分かりました。

○サエル

サエルには肌のバリア機能を高め、美白効果をもたらす白様雪が配合されています。」

通常であれば、シミやくすみを改善するのには美白成分は不可欠なのですが、美白成分は肌刺激が強いものがほとんどなので、敏感肌には使用することはできません。

シミやくすみを改善するどころか、痒みや炎症によって肌状態を悪化させてしまうことにも…

しかし、サエルには配合されている白様雪には肌に負担をかけることなく、効果的に美白効果を発揮することができるので、サエルなら敏感肌でも安心して美白ケアを行うことができるのですね。

○米肌

米肌には世界で唯一皮膚水分保持機能を改善する効果が認められた「ライスパワーNo11」が配合されています。

医学部外品の有効成分としても認可されており、その成分効果の高さから同じ美容業界からも注目されている成分です。

肌の潤いを保つためには必要なセラミドを増やす効果もあることから、肌に本来備わっている保湿機能を取り戻すことができるのですね。

また、原料は国産米を100%使用しており、90日間じっくりと時間をかけて発酵させて作られています。

発行させた国産米には栄養価が豊富に富んでおり、安全性が高いのも大きなポイントですね。

そのため、乾燥による肌のたるみを改善し、肌に潤いを与えながらたるみや毛穴の開きを抑えることができるのです。

肌悩みに合わせて化粧品を使い分けよう

サエルも米肌もどちらも優秀な化粧品なのでどちらを使えばいいのか悩んでしまいますよね。

どちらも安全性が高く、保湿効果を感じられるのですが、サエルは低刺激で美白ケア、米肌なら高い保湿効果と毛穴の開きやたるみ改善に効果的なので、より肌悩みに近いほうを選びましょう。

化粧品選びを何となくだけで選んでしまう方も多いのですが、同じ乾燥肌でも人によってタイプや原因は異なりますし、せっかく化粧品を使っていても効果を感じていなければ使っている意味がないですよね。

スキンケアは怠れば怠るほど、理想の肌状態を取り戻すのに時間がかかってしまいます。

誤ったスキンケアを続けていくと、肌のバリア機能は低下していき、ますます敏感肌へと傾いていってしまいます。

バリア機能が低下したままだといくら化粧水を塗っても保湿することができず、様々な肌トラブルを引き起こす原因となるでしょう。

健康的な肌を育てるためにも、より自分に合った化粧品を選んで健康的な肌を育てていきましょう。

まずは自分の肌悩みが何なのか見極め、サエルと米肌どちらの化粧品がより自分の肌悩みを解消してくれるのか考えて選んでくださいね。

サエルも米肌も安全性に優れ、美肌には欠かせない成分が配合されている化粧品です。

口コミ評価も高いですし、販売している会社の信用性も高いので、何を基準に選べばいいのか悩んでいる方も多いでしょう。

より自分に合った化粧品を見つけるためにも、自分の肌悩みを明確化し、今1番治したい肌悩みに合っている化粧品を選んで、なりたい肌を目指してくださいね。