米肌

ワンバイコーセーの正しい使い方!普通の美容液とは使うタイミングが違う!?

化粧品よって使うタイミングが異なり、その化粧品に合った正しい使い方をしないと本来の効果を引き出すことができません。

しかし、多くの美容液は化粧水の後に塗ることがほとんどなのですが、ワンバイコーセーは他の美容液とは使い方が少し異なります。

ワンバイコーセーで肌悩みを効果的に改善するためにも正しい使い方を知っておくことが大事ですよね。

どのような使い方をすれば、効果をより感じることができるのでしょうか?

ワンバイコーセーを使うタイミング

よくある美容液だと化粧水の後に使うことが多いですよね。

しかし、ワンバイコーセーは導入美容液なので、洗顔後の清潔な肌の後に塗るようにしてください。

また、より保湿効果を高めるためにすぐに化粧水を塗ったほうがいいのでは?と思われがちですが、ワンバイコーセーを塗った後は少し待つようにしましょう。

ワンバイコーセーを塗った直後は手に吸い付くようなもっちり感があり、次第に成分が肌の奥まで吸収されることで肌表面がサラッとしてきます。

この後に化粧水でケアしてあげることで、ワンバイコーセーの成分の吸収をより高めることができるのです。

間違って化粧水の後に塗ってしまいがちですが、必ず化粧水を塗る前にワンバイコーセーを使うように意識してくださいね。

間違った使い方をすると効果は半減?

もちろんどんな化粧品でも同じですが、間違った使い方をしてしまうとせっかくの美肌効果が台無しになってしまいます。

最初のうちは正しい使い方をしていても、慣れてくるとつい自己流になってしまい、間違った使い方に変わってきてしまうこともあるので、注意していきましょう。

まず気をつけていきたいのが使用する量です。

量の目安としては1,5〜2プッシュくらいとなっています。

ケチって適量より少ない量を使ってしまうと、ワンバイコーセーの効果をきちんと感じられなくなってしまうので結果的に損になってしまいますよね。

また、逆に多すぎても成分過多となってしまい、肌荒れを起こす危険性もあります。

たくさん塗ればその分効果は倍増するわけではないので、必ず適量を使うように意識しましょう。

そして、必ずきちんとクレンジング・洗顔を行ってからワンバイコーセーを使用するようにしてください。

メイク残りやホコリなどの外敵汚れがある状態でワンバイコーセーを使っても、成分がきちんと吸収することができなくなってしまいます。

敏感肌にはおすすめできない?

ワンバイコーセーは正しい使い方を行えば、理想の肌へと仕上げてくれると評判なのですが、一部では「敏感肌が使用すると肌荒れを起こす」といった声も…

肌荒れを起こすとされている原因は配合されている成分です。

ワンバイコーセーの成分には「チオ硫酸ナトリウム」という防腐剤と抗酸化剤の2つの役割をもつ作用があり、肌刺激が強いことが欠点です。

また、石油由来の化学合成成分である「シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール」やパラベン、香料なども含まれているので、肌が弱い方だと肌トラブルを起こす危険性も…

必ずしもワンバイコーセーを使ったら肌荒れを起こすわけではありませんが、敏感肌や極度の乾燥肌、今まで化粧品で肌荒れを起こしたことがあるなら、ワンバイコーセーの使用はおすすめできません。

まずはどの肌タイプだったとしても、念のために手首などに塗って肌に異変が起きないかチェックしてから使用するようにしましょう。

ワンバイコーセーを正しい使い方で使うことで、なりたい肌へと導くことができるでしょう。

しかし、肌が弱い場合は使用する際は十分に注意して使うようにしてくださいね。

まずは口コミや情報サイトで評判を確認し、自分に合う化粧品なのかどうか考えてからでも遅くはないでしょう。