米肌

米肌はアルコールフリーじゃない!?敏感肌には使えないの?

どれだけ肌悩みを解消する効果の高い成分が含まれていたとしても、その分肌への刺激が強い成分が入っていると肌トラブルを起こしてしまう危険性も…

敏感肌でも使えると口コミでも好評な米肌ですが、実は成分を調べてみるとアルコールフリーではないことが分かりました。

アルコールが入っているなら、極度の乾燥肌やアトピー肌、敏感肌だと米肌を使用することはできないのでしょうか?

そもそもアルコールは肌に良くない理由って?

肌に優しいと謳われているほとんどの化粧品はアルコールフリーとなっていますよね。

しかし、なんでアルコールフリーじゃないと敏感肌には良くないかと何となくしか知らない方も多いのではないでしょうか?

アルコールといっても様々な種類があり、化粧品に含まれているアルコールのほとんどがエタノールです。

エタノールには収れん作用があり、殺菌や皮脂を落とす効果があるのですが、この作用が強く反応してしまうことで、炎症や痒みなどの肌トラブルを起こす原因となります。

まだ、外部から刺激を守るために必要な菌までも殺菌してしまう恐れがあることから、バリア機能が低下してしまい、肌の負担がかかりやすくなってしまうのですね。

こう見るとやはりアルコール=悪いものといったイメージがありますが、そうなるとアルコールフリーではない米肌はやはり肌に良くないのでしょうか?」

アルコールフリーのデメリットって?

アルコールは肌に良くないと言われているものの、ほとんどの化粧品にはアルコールが含まれていますよね。

それにはちゃんとした理由があるのです。

化粧水の主な成分は水でできており、時間が経過するとともに水が腐敗してしまいます。

化粧品に含まれているアルコールは主にエタノールが配合されていますが、エタノールには水が腐るのを防いでくれるので、品質を保持する働きをもたらすのですね。

また、化粧水は水だけだと美容成分を配合しても肌に成分が浸透することはできません。

そのため、エタノールを配合することで成分の浸透力を高め、本来の成分効果を発揮することができるのですね。

米肌は肌に良い?悪い?

アルコールにはメリットデメリットがあり、必ずしもアルコールが配合されているからといって肌に悪いわけではありません。

逆にアルコールが全く入っていないものだと、確かに肌への刺激はかなり抑えることができますが、品質の劣化が早く、使い切れないまま期限が過ぎてしまうことも…

肌質も人それぞれ違ってくるので、一概にアルコールフリーだから良いとは判断することはできません。

また、確かに米肌にはエタノールが含まれているので、アルコールフリーではないのですが、エタノールの含有量が少ないこともあって、肌の負担はほとんどないといっていいでしょう。

実際に米肌を使った人の口コミを調べてみても、米肌が原因では肌がピリピリする、炎症が起きたといった投稿は寄せられていません。

米肌に限らず、どんな化粧品にも合う合わないがあるので、まずは一度パッチテストを行ってみて自分の肌に合うかどうか確認してから使ってみましょう。

米肌を製造販売しているコーセーでは厳しい品質管理が徹底されており、副作用やアレルギーのテストも行われています。

毒性がある成分は入っていないことも科学的に証明されているので、米肌はアルコールフリーじゃないから使えない!と思い込まずにまずは一度試してみてくださいね。

米肌はアルコールフリーではないですが、成分の安全性は国からも認められており、過度にアルコールが含まれているわけでないので安心して使用しましょう。

乾燥に負けない強い肌を目指すためにも、本当に自分の肌が欲しがっている化粧品を使ってみてはいかがでしょうか?