米肌

米肌とアルビオンの特徴まとめ!使い方に大きな違いがある?

米肌もアルビオンもどちらも知名度が高く、美容メディアや口コミでも好評の人気化粧品シリーズです。

美容・コスメの情報サイトにもよく取り上げられており、メディア評価も高いことでも注目されていますよね。

どちらも優秀な化粧品ではあるのですが、2つの化粧品にはどのような違いがあるのかをまとめてご紹介していきましょう。

アルビオンはスキンケア手順が異なる?

米肌は通常のスキンケア化粧品の手順通り、洗顔後に化粧水→美容液→クリームという順番でスキンケアしていきます。

しかし、アルビオンの場合は洗顔後に化粧水ではなく、まず乳液を使い、それから化粧水→美容液・クリームといった順番になっているので、普通のスキンケアとは順番が少し異なりますね。

アルビオンの乳液は水分と油分のバランスがちょうどよく配合されており、まだ何も補給していない肌に浸透させることで角層の潤いを理想に近い状態にすることができます。

その後に化粧水や美容液を補給させることで成分の浸透力をより高められるように作られているのです。

そのため、アルビオンでスキンケアを行うのであれば、この手順を間違ってしまうとせっかくの成分効果が台無しになってしまうので気をつけてくださいね。

気になる成分の危険性って?

米肌もアルビオンもどちらも人気が高く、品質管理も徹底していることから安全性が高いとされています。

しかし、アルビオンに配合されている成分について詳しく調べてみると、肌に負担がかかるとされている成分がいくつか配合されていることが分かりました。

アルビオン化粧品にはアルコールの一種であるエタノールが含まれています。

敏感肌の場合、エタノールが配合されている化粧品を使うと肌がピリピリと刺激に負けてしまうことも…

また、アルビオンのスキンコンディショナーエッセンスには毛穴の引き締め効果のあるハマメリスエキスが入っています。

植物性の成分なので、肌に優しそうなイメージがあるのですが、刺激が強い成分に分類されるものなので、こちらも肌が弱い方にはおすすめできません。

アルビオンには美肌に効果的な成分が豊富に配合されているのですが、肌刺激が強いエタノールが配合されているので、肌が弱い方は避けたほうがいいでしょう。

肌の優しさ重視なら米肌がおすすめ

アルビオンも米肌も優秀な化粧品ではあるのですが、アルビオンには肌刺激が強い成分が入っているので、今まで化粧品で肌トラブルを起こした方、極度の乾燥肌やアトピー肌の方は使用を控えましょう。

実際にアルビオンの口コミでも「肌がピリピリする」「痒みを感じてしまう」などの肌トラブルが起きたと投稿されています。

米肌に配合されている成分は、どんな肌タイプの方でも安心して使用することができます。

今まで敏感肌で敏感肌用の化粧品を使っても肌荒れが起きる、または効果が全く無いといった方も米肌なら効果もきちんと感じられて気軽に使用できると高く評価されています。

アルビオンも優れた化粧品ではあるのですが、肌の優しさを重視して考えるのであれば、アルビオンよりも米肌を使用されることをおすすめします。

米肌もアルビオンも人気の化粧品ですし、愛用者も多いので初めて使うならどちらがいいのか悩んでしまいますよね。

実際に使ってみないと肌の相性は判断しきれないので、まずはそれぞれの化粧品の特徴を知り、肌に合いそうな化粧品から始めてみましょう。

敏感肌や化粧品荒れを起こした経験があるならば、まずはパッチテストから行い、肌に変化が起きないかどうか確認してから使ってくださいね。

理想の肌に仕上げるためにも、自分に合った化粧品を使って美肌力を高めていきましょう。